ゴマシジミ(長野県)

2019年8月5日 夏の猛暑日で各地の最高気温が大変になって来ました。ゴマの時期は暑さとの戦いです。昨日は松本のホテルに泊まり早朝からチェックアウトしてポイントにやって来ました。朝の涼しいうちに開翅を狙いたい為です。歩き出してすぐにワレモコウに止まる♀を発見。まだ朝日が当たっていませんが、しばらく見ていましたが開く気配がありません。もう少し辺りを探してみると足元から2頭ほど飛び出しました。飛び出した翅表の色が青く見えた1頭が足元の下草に泊まりました。これが開けば朝のうちに開翅が撮れてしまうと考えて待つことに。しかしゴマの周りには多数のジャノメが飛び回り紛らわしい限りでした。30分ほど待つが全く開く気配なし。♀のようですが飛んだ時がとても青かったんです。待つ間にまたまたジャノメが飛んできて折角のゴマを飛ばしてしまいました。しかしすぐ近くにまた止まったので今度は本格的に待つことにして椅子を持ち出して開翅待ちです。しかし朝日が当たり始めました。気温もグングン上昇。これでは暑くて開かないだろうと傘をさして日陰にしました。その後も全く開く気配がなくて1時間以上が経ちました。もうこちらが暑くなってきて耐えれません。ギブアップ!