ミヤマシジミ(長野県)

2019年5月25日 ミヤマシジミは食草コマツナギで発生しています。同類にヒメシジミがいますが、ヒメシジミは発生個体も多く広範囲で見る事ができますが、もう一種のアサマシジミは絶滅危惧種です。いずれも長野県に多く生息していますね。ミヤマシジミは年数回発生しますが、他は年1回の発生です。オスの翅表はブルーでとても美しいです。今回は発生初期なのか♂1と♀1だけが確認できました。同じ場所にツメレンゲもあってクロツバメシジミも発見できました。白馬の帰りには必ず寄り道するポイントです。