大和葛城山のギフチョウ

2019年4月20日 近くにいながら初めて撮影できたギフチョウです。『葛城山のギフチョウの採集・捕獲は禁止。違反は罰金です。葛城山のギフチョウが御所市文化財に指定され採集・捕獲に関する禁止されています。保護地域内のギフチョウだけではなく、幼虫の食草となるミヤコアオイの採取なども禁止行為とされ違反者には罰金が科されます。』友人から誘われて出かける事にしました。数年前からギフチョウ生息の話は聞いていましたが行きそびれていました。と言うより個体数が少ないのではないかと感じていたからです。しかしそうではありませんでした。今日は天候にも恵まれ雲ひとつない絶好の撮影日和です。大和葛城山は、奈良県と大阪府との境に位置する標高959.2mの山である。歩いて登るとなると結構体力が必要な山ですが、幸い御所市側の登山口からはロープウェイがあって楽チンに頂上付近まで行けます。私はこちらを選択しました。ロープウェイは朝9時から動いているので一番で登る事にしました。頂上駅までは6分で到着。同情した方の中には私と同じくギフチョウ撮影目的の方も数人おられました。頂上駅に到着して改札を出た途端に目の前をギフチョウが飛んで行きました。そして駅前の陽だまりには数頭のギフチョウが飛び交っているではありませんか!なんと発生数が多い場所なのかと喜びが込み上げてきました。散策路を歩くと至る所でギフチョウの飛翔を見ることが出来ました。この日は本当に楽しい撮影が出来ました。何と言っても採取者が居ないのが良いですね。

羽化後間もない個体の様です
羽を乾かす様にじっと止まっていました
散策路脇のスミレで吸蜜する個体が多い
無心に吸蜜しています
林床にはカタクリも開花していて上手く吸蜜撮影が出来ました
畝傍三山がよく見える展望台
コブシの花も満開でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. field24k より:

    私も以前、葛城山へ行こうかなと考えたことがありましたが、結局行ってません。たくさんいるのですね。

    弊方、我が家から数キロの京都市西京区のO山も3年前を最後に行ってません。登山がきついからと人が多いからです。そのかわり電車賃はかかりますが福井県、ことしは加えて石川県まで行きました。福井県の某寺では、おっさん3人組としてお会いしたかもしれません。

    年とともに行動力が弱くなるというか、行動しようと前向きになる気力が内にたまったまま時が過ぎることが多い今日この頃です。その内にたまった気力がたまに、なんかのきっかけで爆発するがごとく前面にあふれ、突然遠くまで大金はたいて行ってしまうこともあります。まだ、徘徊とは言われないと思いますが・・・。

    • カーコのダンナ より:

      コメント有難うございます。
      葛城山は御所市の方々や沢山お方の保護活動が実を結んだ結果と聞いております。
      この環境がこれからも守られる事を願います。
      福井でお会いした様ですがお話せず失礼しました。
      私も体が元気なうちにいろんな処へ出かけたいと思います。
      またお会いした時はお声をお掛け頂ければ嬉しいです。