飛騨古川(君の名は〜)

2018年10月15日 2016年大ヒットしたアニメ映画「君の名は」の映画シーンに登場する町です。主人公の瀧くんが糸守町について調べるたびに出て降り立った駅「飛騨古川駅」

瀧くんが電車を降りて駅の高架上から見下ろした古川駅のホーム。↓は映画の一コマですが、実物通りでしたね。飛騨古川はこんな楽しい一面もありますが飛騨高山とは一味違った味わいのある街並みが沢山ありました。昨今の飛騨高山は観光客で溢れ、インバウンドで国外からの観光客で溢れかえっています。しかし古川はひっそり静かな風情ある町並みをゆっくり散策できました。

街中を流れる瀬戸川には大きな鯉が沢山。白壁の土蔵が建ち並び雰囲気最高!

手作りの和ろうそくのお店もありました。

数多くの酒蔵もありお酒のいい匂いが漂ってきます。

古川町の中心部は明治37年の大火でほぼ消失しましたが、飛騨の人々はその後、伝統的な建築様式を踏まえて家を建て直しました。現在でもその名残から、殿町、壱之町、弐之町を中心に、伝統的な町屋がいくつか残っており、新しく建てられた一般の家々も、飛騨の匠の技を随所に取り入れ、美しい古川の町並みを守っています。最近では、そんな町並みを楽しもうと、観光案内所や匠文化館などで配布されている町歩きマップを片手に、写真を撮りながらのんびりと散策している観光客も増えてきています。出窓や出格子、玄関戸、塗壁、雲など古くから受け継がれてきた飛騨の伝統的な建築技術は、町のいたる所で見かけることができます。私がお勧めできる素晴らしい街並みです。ぜひ一度出かけて見て下さい。