アイノミドリシジミ(乗鞍)

2018年7月16日 三連休最後の朝です。各地で高温注意報が出ています。しかし標高1500mの高原の朝は涼しい朝でしたが、日が昇ると急激に気温も上昇します。それでも木陰では涼しい風が吹いて気持ちの良い高原の夏です。友人が先にアイノのポイントに入って撮影していました。今年はポイントの草丈も少し低いのでアイノが止まる位置も低く、ベストな角度で撮影ができたと興奮して話し出しました。目の前では結構多くの個体が金緑色の輝きの卍飛翔を繰り広げていました。時には卍飛翔は私の目の前30センチ近くを飛び回るのです。なんと綺麗な感動の光景なのか見とれてしまいました。昨年よりも圧倒的に個体数が多い様です。同じ場所で同じ時間帯にジョウザンもテリ張りをしているので間違うこともありそうですが金緑色のアイノも色とはまるで違っているので直ぐにわかりました。