水戸野シダレザクラ(岐阜県加茂郡白川町水戸野290)

2012年4月18日

白川町を代表する名桜「水戸野(みどの)シダレザクラ」
樹齢は350年と言われていますが、まだまだ枝の先まで花を付かせます。
昭和40年代に岐阜県の天然記念物に選ばれましたが、見向きもされず一度は枯れかけていましたが地元の人達の手当てにより、新しい幹が増えるなど元気を取り戻しました。
そして平成18年には、中学校で使われていた古い水銀灯を使用し、見事な夜桜を披露できるようになりました。最近では新聞紙の1面に掲載されるなど、水戸野シダレザクラの人気は一気に高まり一度は誰も見向きもしなかった桜に、今では多くの観光客が訪れるようになりました。最初の頃は、穴場の桜として人気でしたが、現在では仮設の駐車場では車が止まりきらないほど多くの方が訪れます。

DSC_7165

DSC_7169

DSC_7182