ベニモンカラスシジミ

2018年5月19日 昨年は5月28日に見ていますので今年は9日速いのでちょうど良い頃かと思いました。今年は全てが1週間以上速い発生が確認されている様なのでベニカラもこれ位かなと思う発想です。しかし天気予報が良くありません前日になって予報が朝6時まで雨で、それ以降は晴れになる予報でした。この予報を信じて前日は雨の中を北へ走りました。アルプスが見える場所に来ると雨も次第に上がり始めました。ポイントに着いたのは8時前で青空も見えました。今日は誰もいません。カーコさんと探索開始。左右に分かれて探し始めました。しばらくしてカーコさんが「いたよ〜!!」と叫びました。間違いなくベニモンカラスシジミです。♂の性標が見えました。

少しモン流れがある個体です。しばらく葉上にいましたが飛び去ってしまいました。その間に色々まわりの蝶を撮影していましたが、再び同じ場所で2頭が卍をしているのを見つけました。その後も何度もテリ張りを繰り返していましたが、やがてウツギの花で吸蜜タイムが始まりました。吸蜜中はスマホでも撮影ができるほど逃げなくなりました。カーコさんもスマホで紅紋が映った画像が撮れました。

そして吸蜜タイムは30分以上続いて、それ以降はまたまたテリ張りに戻りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. jin より:

    ご無沙汰しております。
    私も当日の午後に同じ場所に行きましたが、
    風が強く、吸蜜シーンや紋流れの個体は見ることはできませんでした。
    半開翅の写真も撮られ、すごいです。

    • カーコのダンナ より:

      jinさん、コメント有難うございます。
      そうですね、お昼前から風が強くなってきましたね。
      吸蜜の撮影も風に揺れて被写体ブレで難儀しました。
      半開翅の写真はそんな風に揺られて蝶がバランス崩して翅を開いたところをスマホで上手く撮れた産物でした。
      今年も無事にこの場所で発生していて嬉しかったです。
      午後も撮影していればお会い出来たんですね。
      また今年も何処かでお会い出来るといいですね。
      有難うございました。