クモマツマキチョウ(北)

2018年5月5日 こどもの日。友人とクモツキのポイントで待ち合わせ。久しぶりに会う友人と撮影できるので楽しみです。しかし今朝も少し気温低めでクモツキが飛ぶのか少し不安。雲が少なく日差しがあるので期待大です。ハタザオの食草があるポイントで2時間近く待ちましたが、全く飛ぶ気配無し。別のポイントへ移動すると、そこでは顔なじみのカメラマンの方がクモツキを見つけて撮影を始めたばかりでした。運良くクモツキが飛んだようです。私達も参戦して大撮影会が始まりました。1頭のクモツキに10人以上のカメラマンが追いかけてシャッターを切ります。この様子を友人は「大名行列」に例えます。オレンジの大名です。ここではすみれの花に多く止まり吸蜜しました。少しでも雲が掛かって日差しが無くなると途端に翅を閉じて動かなくなります。そしてまた陽が当たり始めると翅を広げて飛び出すのです。今日はこれを繰り返していました。