クモマツマキチョウ(北)

2018年5月3日 今日からGWの4連休です。しかし、残念ながら天候は最悪。出かける時間には大阪はまだ雨が降っていましたが長野県に来る頃には雨が上がって来ました。しかし気温も低くどんよりの空ではテンションダダ下がり。お昼過ぎには少し晴れ間もちらり。そんな中、クモツキのポイントへやって来ました。まずは1200m付近で少し待って見ましたが全く飛び出す気配がない。少し標高を上げて1500m付近の定番の場所まで来ました。誰もいないクモツキのポイントは久しぶりです。そんな時雲の切れ目から薄日が射し出しました。すると何処からともなくオレンジ色が飛んで来ました。体からアドレナリンがどパット溢れ出るようです。運よくフキノトウに止まって吸蜜を始めました。風も少しあってゆらりゆらりと揺れながら長時間とまってくれました。

この一頭を追いかけていると、もう一頭の♂が出て来て追いかけ合いを始めました。『二兎を追うものは一兎をも得ず』と言う事で片方を追いかけました。どちらも綺麗な個体で目の覚めるオレンジでした。

本当に今年はクモツキの発生も早いようです。いつもはGW明けてしばらくしてからクモツキのシーズンなんですが、今日はまだ5月3日です。当然ギフチョウ、ヒメギフは終わってます。