那智の滝(和歌山県・滝百選)

2006年11月28日に訪問しました。

2011年の台風12号で那智の滝も被害を受けました。写真はその台風被害前です。そかし、その後復旧作業が進んで現在では元のように荘厳な滝に戻りました。

熊野那智大社の別宮、飛瀧神社のご神体として古くから人々の畏敬を集めてきた那智の滝は、「一の滝」とも呼ばれ日本三大名滝の一つです(日光の華厳の滝、栃木県の袋田の滝)。落差133m、銚子口の幅13m、滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑で、熊野の山塊、その奥方より流れ落ちる姿は圧巻で、大晦日にはライトアップも行われます。銚子口の岩盤に切れ目があって、三筋に分かれて流れ落ちるところから、「三筋の滝」ともよばれています。毎年7月9日と12月27日には、古来からの神事にのっとり、神社(飛瀧神社)の御神体としてこの滝を崇め、「御滝注連縄張替行事」が行われます。

コメント