桑ノ木の滝(和歌山県・滝百選)

2006年11月28日に訪問しました。

熊野川の支流、高田川のさらに支流の桑ノ木渓谷にかかる落差21mの瀑布。日本の滝100選にも選ばれる名瀑は、その昔に滝の周囲に桑の木がたくさん生えていたことからこの名前が付けられたそうです。県道230号線沿いの高田川にかかる橋から滝までは遊歩道が整備され、ウォーキングを楽しめます。高田川にかかる橋をわたり山の中へ。相賀八幡神社の前を通り、清流にかかる吊り橋をこえて沢伝いに上流を目指すと、約20分ほどで桑ノ木の滝に到着します。沢の突き当たりまで来ると行きどまりの左側に見えていました。回りが岩壁と木々に囲まれて何か神秘的な雰囲気が漂う場所でした。

和歌山県新宮市相賀

コメント