猿尾滝(兵庫県・滝百選)

2006年11月9日に訪問しました。

猿尾滝は兵庫県美方郡香美町村岡区にある滝。但馬三名瀑の一つに数えられ、日本の滝百選に選定されている。

滝の景観が猿の尾に似ていることから猿尾滝と名付けられました。
滝は二段に形成されており、上段の滝(雄滝)は水がゴツゴツした岩肌を流れ落ち、荒々しく男性的に直下する瀑布であり、下段の滝(雌滝)は水が岩の割れ目を滑るように流れ落ち、流麗で女性的な滝です。

上段滝の中ほどに自然の石仏が見られます。それはまさに滝に打たれる修行僧のようで、自然の造形の神秘さを感じさせられます。
滝の中に見える物は、観音様、仏様、マリア像、岩ザルなどで、「新・但馬の七不思議」自然部門で2位に選ばれたパワースポットにもなっています。(情報誌の読者投票により選んだもの。)
ここを訪れた方からは、「猿尾滝に通い拝み続けると医者にかかっても良くならなかった身体が治った。」「行事やイベントがあるとき滝に向って雨がやむように拝むとホントに良くやむんです。」などの話もあるようです。

上段の滝、下段の滝、それぞれに滝壺があり、下段の滝壺へ徒歩で行くことができます。(上段への遊歩道は現在立入禁止となっています。)滝ツボ付近では、マイナスイオンを身体いっぱいに浴びることができます。上段のツボでは、午後の日差しを受けて綺麗な虹がかかると評判にもなっています。