ギフチョウ(北陸)

2018年3月31日

今年初めての遠征は昨年同様に北陸へ走りました。早朝に出発して朝方には金沢に到着。昨年も同日に来た平栗カタクリ群生地ですが、カタクリの蕾かたくギフチョウの発生は聞いていましたが断念して福井に戻りました。福井のポイントでは顔見知りの方にもお会いできました。何ヶ所か回っていると何人もの知人にお会いできるものですね。楽しかったです。

今回はコツバメにも会えました。ビロードツリアブは今が最盛期と言うほど飛び交っていました。そんな中で畑の畔に道で出会ったギフチョウは食欲旺盛で花ならなんでも顔を突っ込んで吸蜜していました。特にヒメオドリコソウやオオイヌノフグリまでも吸蜜に励んでいました。これは初めての撮影でした。ヤマエンコグサでも盛んに吸蜜を繰り返していました。今まではカタクリの花やスミレをメインに撮影が多かったのですが、こんな野草の花も素晴らしいと感じましたよ。

この週は桜前線も一気に北上して週末は満開のお花見日和となったようです。