北精進ケ滝(山梨県・滝百選)

2010年5月3日

日本の滝100選にも選ばれた東日本最大落差121mの名瀑。

鳳凰三山の一つである地蔵ヶ岳を源として流れる石空川(いしうとろがわ)渓谷。
その上流、標高1400mには、東日本最大の落差121mを誇る精進ヶ滝(しょうじがたき)があります。
深い緑に囲まれた美しい姿から、東日本一の名瀑と呼ばれる精進ヶ滝は、その昔神仏に祈願するためこの滝の水を浴びて身体のけがれを洗い流した故事をその名前の由来としています。

駐車場から約40分で行けるアクセスの良さ、春には新緑が、秋には紅葉が楽しめる渓谷の遊歩道から、四季を通じて人気の滝です。
遊歩道の途中、道を少し外れると、日本を横断する巨大な裂け目「フォッサマグナ」を間近で観察することもできます。

そんな5月の風薫る季節に行って見ましたが、結構遊歩道はすごいものがありました。カーコさんも真っ青になる吊り橋あり、階段ありで「もう泣きそう!」なんとか滝見台まで辿り着きましたが遠望の滝。ここから先は危険なので立入禁止となっていました。しかし遠望ながら素晴らしい滝見ができました。

コメント