ヒロオビミドリシジミ

ヒロオビミドリシジミ♀

2018年6月9日 前日は雨でしたが朝方には雨も上がりました。予報では曇り降水確率40%です。今日も早朝からナラガシワを叩きました。一発で落ちて来たのはヒロオビミドリシジミです。後で開翅すると♀と判明。その後も何頭かのヒロオビが落ちましたが今日は何故か全て♀。陽が当たり始めるとシルキーな翅表を見せてくれました。オスは一度卍を見ましたが撮影はできずでした。前日の雨で下草は水を含みズボンはびしょ濡れに

ヒロオビミドリシジミ♂

2018年6月2日 ナラガシワのみを食樹とする里山のゼフィルスです。生息地は大阪府の三草山より西の中国地方に生息します。成虫は6月中旬から7月頭にかけて発生し、すばやく飛翔する。雄の占有飛翔は一日2回だが朝方はハヤシミドリシジミより遅く、夕方は早い。飛び回る時間帯ではナラガシワの梢高く止まりテリ張りをするので撮影は困難です。よって日の出前にナラガシワを竿で叩き、まだ体温が上昇していなくて飛べないの

但馬のゼフ

2017年6月17日 但馬のゼフは余りポイントを知りませんでしたが、今回は友人よりご指導いただきました。ありがとうございます。早々に朝からナラガシワを叩いてみると落ちて来ました。

ヒロオビミドリシジミ

2017年6月11日 津山で一泊。翌朝早朝6時にヒロオビのポイントへやって来ました。早朝の寝込みを襲ってナラガシワを竿で叩くとウスイロオナガシジミやウラジロミドリシジミ、ヒロオビミドリシジミが落ちて来ます。友人と一緒に叩き出したヒロオビミドリシジミに陽が当たると開翅するのを待っていると雨が降り出し、敢え無く一時避難です。直ぐに雨がやみましたので再度ポイントを移動して別のナラガシワを叩くと何頭かのヒ

岡山のゼフィルス 2016

2016年6月4日 前日のヒメヒカゲに始まり、翌日は早朝からヒロオビミドリシジミを叩き出し、その後も転戦。少し南へ下るとウラジロミドリやウラナミアカシジミも見る事が出来ました。

ヒロオビミドリシジミ 2016

2016年6月4日 岡山県までやって来ました。ナラガシワが里山のあちこちに点在していて沢山のゼフィルスが見られます。特に関西方面で見られるヒロオビミドリシジミが多産しています。多くのゼフィルスは早朝に食樹を竿で叩くと、ヒラヒラっと落ちてきます。つかさず落ちた場所を確認して目印のティッシュを置いておきます。一通り叩いて落ちてきたゼフィルスを目印しておいて確認していき、一番綺麗な開翅しそうな個体を選ん

ヒロオビミドリシジミ

2015年6月6日 昨晩、岡山県に入りました。千屋牛で有名な千屋温泉で一泊しました。ここの温泉は最高でしたね。pH値が9.3と言う極上の湯は肌にヌルットまとわりつきます。温泉で疲れを癒して早朝からフライング気味のヒロオビミドリシジミを狙います。名古屋の友人と待ち合わせてナラガシワの森で早朝の叩き出しを行うも、全く出てきません。やはり早すぎたかな?と嫌な予感。そんなとき岡山の蝶有名人が来られて奥のポ

ヒロオビミドリシジミ(播磨)

2014年6月15日 蝶友さんからの情報で今日は播磨地方へヒロオビミドリシジミを探しに出かけました。教えて頂いたことは現地に5時までに行ってナラガシワを叩き出して撮影する方法です。一応脚立と今回新調したたも網竿6.3m、長靴。この辺りがゼフ撮影の道具ですね。初めてのポイントでどうもピンポイントが定まらず。ナラガシワの大きな大木を発見し、探索開始ですが、目の前を早朝から三重ナンバーの車が通過。すぐ後

ヒロオビミドリシジミ

三草山のヒロオビミドリシジミです。三草山の緑地環境保全地域では捕獲が禁止されている。卵で越冬する。食樹であるナラガシワの生える雑木林と結びつくため低山地で見られ、高所すぎるところにはいない。成虫は6月中旬から7月頭にかけて発生し、すばやく飛翔する。雄の占有飛翔は一日2回だが朝方はハヤシミドリシジミより遅く、夕方は早い。