ヒサマツミドリシジミ

ヒサマツミドリシジミ(北陸)

2019年6月25日 (久松緑小灰蝶 Chrysozephyrus hisamatsusanus)食樹はウラジロガシとされていますが他にも食樹とする可能性がある。羽化した個体は発生地を離れて高所へ移動する。その為に山の山頂付近や尾根で占有行…

ヒサマツミドリシジミ(♀)

2014年9月15日 徳島県の有名産地です。ルーミスを始め、普通とは違った蝶に会えます。ポイントに着く前からムラサキシジミとヒサマツが足元で飛び始めました。かなり期待感が高まってきてポイント近づくと、ネットマンの先客です。しかし、ネットインされる数よりも沢山のヒサマツが次から次に降りてきては開翅していました。昨年はルーミスが多かったのですが今日は3頭ほど見かけたのみ。中にはキリシマの♀も降りてきま

ルーミスシジミ(徳島県)&ヒサマツ

今日はルーミスシジミを探しに徳島県は轟の滝にやって来ました。このポイントは蝶屋さん達にも有名なポイントでルーミス以外にもキリシマミドリシジミとヒサマツミドリシジミの母蝶採集に各地から集まって来るようです。しかし、霧島も久松もオスの成虫は夏でも居ないそうです?。そんな話を聞いたのは実は今日このポイントで二人の蝶屋さんと出会いました。私もルーミス探しは今日が初めて。出現ポイントを教えてもらいました。ま

ヒサマツミドリシジミ

2013年6月25日 見たいと思い続けていましたが、なかなか会えないチョウでした。しかし今年は情報が多く集まりました。情報をご提供して頂きました皆さんに感謝いたします。生息地によって発生時期が大きく異なっています。かなりポイントでは迷いましたが、今週の3連休を全てキマルリ撮りに賭けました。梅雨のこの時期、天気も大きく影響しそうです。キマルリの撮れる時間帯が午後3時~6時の夕刻。時間は天候次第で変化

ヒサマツミドリシジミ(兵庫県)

2013年6月25日 憧れのゼフィルスとして名高い「ヒサマツミドリシジミ」のスポット兵庫県北部へ来ました。ゼフの中では翅表の色がグリーンメタリック。他のゼフがブルーメタリックに対してヒサマツは濃いグリーンに輝きます。翅裏もV字カットのラインが特徴です。今日の天候は生憎の曇り空で時折薄い雲を通して明るくなります。午前11時過ぎに空が明るくなった時、1頭目が姿を現しました。素早い飛び方で私の眼には止ま