タイワンクロボシジシミ

タイワンクロボシシジミ

2018年1月3日 シジミ蝶が少ない冬の時期ですが、タイワンクロボシはこの時期でもたくさん見かけることが出来ました。小さなシジミ蝶でチラチラと飛び回っています。生息範囲は広いようで何処ででも結構見かけることが出来ました。低温期型は翅裏のクロボシも薄くなっていて、♀は翅表には低温期型独特の白い斑紋が現れていました。

2014年蝶はじめ(八重山)

2014年3月11日 今年の蝶撮り始めは八重山からです。今日は石垣島到着後、レンタカーで石垣港から竹富島へ渡りました。島内をさっと廻って、アイヤル浜へ通じる小道が「蝶の道」とパンフに書かれていたので行ってみました。しかし蝶の数はあまり期待できない結果となりました。名物のスジグロカバマダラが今日は全く見かけません。その後、石垣島へ戻ってバンナ公園を車で走ってみても同じ結果。本当に蝶が少ないんです。「

タイワンクロボシシジミ

2013/11/06 石垣島ではアゲハチョウやタテハチョウがメインの座を占めているように思います。しかしシジミチョウは種類も少ないようです。私たちは以前からシジミチョウが好きでゼフィルスを始め数多くのシジミチョウを撮って来ました。周りでスジグロカバマダラやアオタテハモドキが艶やかに飛び回る蝶の楽園でも、その中に小さなシジミが目に入ると直ぐに追いかける習性があるようです。アオタテハモドキを追いかけて