ジョウザンミドリシジミ

ジョウザンミドリシジミ

2018年7月1日 発生場所や標高によって少しづつ発生時期が異なる様です。長野県のこの場所もつい最近数日前から発生が始まった様ですが、既に翅表にスレが見えます。激しい卍飛翔が原因でしょうか。昨年は非常に数が少なかったこの場所ですが、今年は打って変わって沢山のジョウザンが見られました。早朝から元気に飛び回るジョウザンを見ているだけでも楽しいです。テリ張り中はスマホでも撮影が可能です。今年のゼフは全般

高原のジョウザンミドリシジミ

2017年7月17日 三連休最終日。この時期に三日間雨に降られづに済んだのは幸運でしょうか。昨晩少し雨が降った様で地面が濡れて居ました。何時ものジョウザンのポイントに早朝行ってみました。ポイントの入り口ではすでにジョウザンがテリ張りをして居て卍飛翔がみられます。ジョウザンの卍飛翔時間が長く3分くらい卍飛翔を続ける事が多い様です。この日はポイント一箇所に数頭のジョウザンが見られる程度で、まだ数は少な

ゼフィルス終了

今年のゼフィルスも終了しました。標高の高いポイントで最後まで頑張ってくれたジョウザン、アイノが私たちを頭上から「また来年おいでよ!」と言ってるようでした。今年も全体的には不作と思われた蝶達ですが、居るところには居るんだな〜と思いました。毎年同じ場所ではなくて発生ポイントも変わっているのかもしれませんね。生息環境が変わったり食草の生育が変わったり、いろいろ蝶達も適応して移動しているのかも知れません。

ジョウザンミドリシジミ 2016_No,2

2016年7月23日〜24日 早朝からキリシマ狙いで鈴鹿山地に入るも山は霧に覆われ、11時になっても霧は晴れず、あえなく退散しました。今年もキリシマは撮れそうにないですね。仕方なくその足で乗鞍温泉で癒されました。硫黄の匂いの白濁温泉は癖になります。翌朝早朝に標高の高いポイントで沢山のジョウザンが卍。標高を上げてもスレ個体が多いのは仕方ありません。30分ほど遊んでもらいました。中にはアイノも混じって

ジョウザンミドリシジミ

2016年7月11日 乗鞍です。今日は月曜ですが、誕生日休暇で休みを取りました。毎年この時期に通って来ていますがゼフが年々少なくなってきています。時期や天候、気温など自然の状態がいつも同じとは限りません、今年は残雪もなく暖かい春を迎え、夏に突入しましたが何がゼフに影響しているのでしょうか。今日は5時半に起きて朝食前にポイントへ出かけました。すでに気温も上がっていました。6時半にはジョウザンミドリシ

ゼフ終了

2015年8月1日 標高の高い高原では平地よりゼフのピークが1ヶ月くらい遅くなります。しかし、今年はピークが無かったのでは?今年のゼフ全般を振り返って見ても、何処のポイントもピークらしい数のゼフが発生して居なかったのではないでしょうか。「居やそんなことは無く確実に撮れました」と言われる方も居られるかもしれませんが。あくまでも私の感覚です。昨年まで沢山の個体を見てきた高原のゼフも「ひょっとして発生遅

ジョウザンミドリシジミ

2015年7月19日‗20日 私たちの蝶の原点。2006年に青森の友人の案内して頂き、何十頭ものジョウザンミドリシジミが早朝の林道で乱舞し卍飛翔する光景を見てゼフィルスの虜になりました。以来、毎年のようにこの時期になるとゼフィルスを探しに出かけます。特にジョウザンミドリシジミは比較的多く見られるゼフでスピード感あるテリハリと人懐っこい行動は今もお気に入りの蝶です。今週も沢山のジョウザンミドリシジミ

乗鞍高原ゼフ2回戦

2015年7月12日 前回はフライングでゼフの姿が無かった乗鞍高原に再度やって来ました。天気は快晴。気温も上昇で暑いです。早朝から登場するのはジョウザンミドリシジミ。

ゼフを求めて長野県

2015年7月10日 今週は好天に恵まれた週末になりそうです。早朝は少し雲が残りましたが、次第に晴れ間が出て、厳しい日差しが気温をグングン上昇させました。朝一番のゼフのポイントで待って居る、しばらくしてキラキラとブルーに輝くゼフの登場です。このポイントではジョウザン、アイノの他にもメスアカやウラクロも現れる素晴らしいポイントです。

白馬の夏の蝶達

2015年7月12日 再び蝶を求めて白馬にやって来ました。早朝の叩き出しも、日差しが強くカシワ林の住人達は早起きの様でした。すでに元気よく飛び回り、中々その姿を射程距離に近づけてくれません。しかし執念の叩き出しで1頭のウラジロミドリシジミが…

ジョウザンミドリシジミ

2015年7月4日 今週も梅雨空で何処も天候が思わしくありません。天気予報を見ては、ため息ですが、比較的西方面は傘マークが少ないようです。友人に連絡をして現地待ち合わせで出かけました。ジョウザン、アイノのポイントで広島県です。当初は山口県のオオウラギンヒョウモンも考えましたが、天候が悪化すればオジャン。広島に決定して夜中過ぎから走りました。現地の天候は予報通りベッタリ曇り。しかし時刻になるとジョウ

ゼフ三昧(長野県)

2014年7月27日 昼前には大雨になりましたが、それまでは日差しもあり良い天気でした。ここはゼフの楽園みたいな場所です。ジョーザンに混じって濃い緑のアイノも卍をしていました。そんな中にメスが一頭出現!アイノの♀かと思いますが翅裏を撮る前に飛び去りました。ナミミドリは居ない場所だと思います。メスアカにしてはオレンジ斑紋が小さすぎます。少しブルーが残っている当たりがポイントかも?判りません(-_-;

長野→小淵沢→白骨

オオゴマシジミのポイントでは早朝熊に遭遇!写真は撮れませんでしたが(^_^;) 一瞬、熊と目が合って固まってしまいました。そして峠道ではお猿の親子がゾロゾロ。逆に我々が猿に見られている感じでした。

ジョーザンミドリシジミ(乗鞍高原)

今週は上高地のオオイチモンジをと松本市のコヒョウモンモドキを求めて長野県遠征です。早朝2時半出発。上高地に9時着。オオイチモンジを撮影後コヒョウモンモドキのポイントへ移動。この日は下見をして乗鞍高原温泉に宿泊。この宿泊場所の近くに大量のゼフが卍をしている場所を通りかかりました。午後3時過ぎでしたのでエゾミドリシジミの卍でした。翌朝再度来てみるとジョーザンが同じく相当数の数が卍をしていました。以前、