クロシジミ一覧

2齢後期になるとクロオオアリの巣内でアリに育てられ、翌年の6-7月頃に蛹となる。

クロシジミ

2017年7月2日 オオクロアリの巣で幼虫の時期を蟻から餌をもらって育つ蝶です。餌を貰う代償は幼虫の体から出す蟻の大好きな甘露だそうです。蟻と協生するシジミ蝶は多くいます。キマダラルリツバメやムモンアカシジミもそうです。蝶友さんが丁度♂のクロシジミを見つけて撮影中との事で急いで現地に向かいました。

長野県遠征

2015年6月27日 今週は長野県へ遠征です。早朝はカシワ林でゼフを狙いましたが、地域的にもフライングの様でした。カシワを叩くと飛び出したのはクロシジミ!この時期のカシワ林で発生しているのでしょうか?そんなことは無いようですが、また1頭、そしてまた1頭とクロシジミが出ます。

クロシジミ(三重県)

2014年7月26日 今週も三重県に挑戦しました。集まった蝶友は先週とほぼ同じメンバーが集結しました。朝4時現地に到着して撮影ポイントを確保しました。もちろん先週のリベンジでキリシマミドリシジミの♂の開翅を狙います。天候は曇り時々晴れ。最高気温32度。約9時間の待ち時間で、今日は夕方乗鞍に入る予定ですので、三重県は1時までです。何とか早い時間に開翅を撮影したい処です。しかし、なかなか今日も下には降

クロシジミ(兵庫県北部)

2013年7月10日 きょうは兵庫県北部の高原にやってきました。目的は「クロシジミ」絶滅危惧IB類(EN)(環境省レッドリスト)です。クロオオアリに育てられると言う、アリと蝶の共生生活をする代表選手です。食草では探せないので生息地情報が唯一です。早朝に現地に到着。今日も灼熱の真夏日になりそうです。6時ですでに26度。高原の頂上目指して登り始めます。途中のクヌギ林を叩きながらゆっくり上ります。ウラギ