エゾミドリシジミ

エゾミドリシジミ

2018年7月15日 今年は異常に暑い7月となりました。大雨が西日本を襲い大災害になり。梅雨明け以降に猛暑が続く。今年も少しでも過ごしやすい高原の蝶を求めて初日は湯ノ丸高原。二日目は霧ケ峰高原から高ボッチを経て乗鞍高原に入りました。

エゾミドリシジミ

2017年7月8日 メスアカと同じ場所での撮影です。エゾはどうしても高い場所に留まってテリ張りする傾向がある様です。逆にメスアカは木の下の方でテリ張りします。角度的には撮りづらい高い位置で開翅するエゾでした。しかし、マリンブルーの翅表は美しく、前回のハヤシミドリシジミに似た色合いに見えました。この場所では2〜3頭が入れ替わって飛び回っています。この場所は結構至近距離で撮影ができるので楽しい場所です

エゾミドリシジミ(乗鞍高原)

午前中はジョウザンミドリシジミが乱舞するポイントでは午後から変わってエゾミドリシジミが卍を始めていました。その数はジョウザンに劣らず数十頭のエゾが乱舞しています。私たちの目の前で、頭の上で、お構いなしに卍が繰り広げられます。食草が同じミズナラ、コナラ等ですが活動時間帯はお互いに重ならない午前中と午後に分かれての競演が行われるのです。最初はシャッターを切り撮りまくりましたが、やがて見とれて眺めるよう

エゾミドリシジミ(兵庫県)

2013年6月25日 落葉広葉樹林に依存し、ブナ科のミズナラを主な食樹とする(コナラ・カシワの場合もあり)。越冬態は卵。幼虫はシジミチョウ科の特徴である小判形で白色。成虫は6月下旬から8月にかけて見られる。雄の占有飛翔は日中。訪花習性は強い。午後になってテリ張りの卍をしていました。カシワ林の中で撮影していただけに、ハヤシミドリシジミとの見分けが難しかったのですが、エゾとしました。