ウラナミアカシジミ

ミズナラ、コナラ、ナラガシワも食草とすることがある。本種もゼフィルスの一員。

アイノミドリシジミ

長野県のゼフィルス達

2020年6月27日 今年は新型コロナウイルス 感染拡大と言うパンデミックの為、春先より自粛生活が続きましたが6月19日に他府県を跨ぐ移動規制が解除。止まった経済活動を復活させるべく人々が動き始めました。私達も十分な感染防止策を取った上で撮影遠征を行いました。 今年も何とかゼフ...
ウラナミアカシジミ

ウラナミアカシジミ(岡山県)

2019年6月3日 ここのウラナミアカシジミはナラガシワで発生しているようです。ナラガシワの枝先を叩くとポロポロ飛びたしたのはウラナミアカシジミでした。青い翅の住人はまだ居られないようです。 M.Zuiko ED 40-150mm F/2.8 Pro 12-40mm...
ウラナミアカシジミ

ウラナミアカシジミ(兵庫県)

2018年6月2日 食樹はクヌギ、コナラ、ナラガシワなど。ゼフィルスの一種です。紀伊半島にはウバメガシを食草とする亜種で「紀南ウラナミアカシジミ」がいます。最近では数を減らしているので関西でもほとんど見かけることがありません。今年初めてのゼフはこのウラナミアカシジミでした、早朝のナラガシワの梢を叩くと赤いシジミが降りてきました。ヒラヒラと下草まで落ちてしまって暫くは飛べませんでしたが、やがて目線の
ウラナミアカシジミ

ウラナミアカシジミ

2017年6月11日 ナラガシワを竿で叩いているとウラナミアカシジミも出て来ました。
アカシジミ

岡山のゼフィルス 2016

2016年6月4日 前日のヒメヒカゲに始まり、翌日は早朝からヒロオビミドリシジミを叩き出し、その後も転戦。少し南へ下るとウラジロミドリやウラナミアカシジミも見る事が出来ました。
ウラナミアカシジミ

ウラナミアカシジミ(関西地方)

2014年6月5日 兵庫県のダム湖にある大きな公園にはクヌギの木が沢山ありウラナミアカシジミが沢山見られました。これもゼフィルスの一員です。丁度発生時期に当たっているのでしょうか。この場所は初めて来た場所ですが、これからもゼフの季節には他の種類も沢山見れる可能性が大ですね。今年も関西で新しいチョウのスポットが増えそうです。前回は南紀でキナンウラナミアカシジミを撮影しましたが、やはり大きな違いは後翅
ウラナミアカシジミ

キナンウラナミアカシジミ(比較)

2014年5月28日 キナンウラナミアカシジミ(ウラナミアカシジミ紀伊半島南部亜種gotohi Saigusa,1993)はウバメガシ林に産する集団です。比較する部分としては前翅長が短く、裏面の黒条が発達し、尾状突起が長いなどの形態に差異がある。と、日本産蝶類標準図鑑にあったので以前撮ったクヌギの木で育ったと思われるウラナミアカシジミを一画面に集めてみました。上2枚は今年紀伊半島のウバメガシ林で発
ウラナミアカシジミ

キナンウラナミアカシジミ(三重県南部)

2014年5月28日 数年前からネット情報で存在を知っていました。紀伊半島に生息するウラナミアカシジミで食草は主にウバメガシ。小型で斑紋が変化していて別の亜種とされる様です。実際に採取して比べないと比較は難しいのかもしれません。キナンウラナミアカシジミ。この変な名前は「ウラナミアカシジミ紀伊半島南部亜種」の略称であるそうです。今回で4度目の挑戦でしたが、やっとお目にかかることが出来ました。熊野灘を