イワカワシジミ一覧

食草はアカネ科のクチナシ。新芽や果実に産卵する。多化性で3月から11月にかけて見られ、幼虫もしくは蛹で越冬する。環境省指定希少種。奄美大島以南の南西諸島。国外では中国、ヒマラヤ東部、インドシナ半島、スンダランド、台湾。

イワカワシジミ(八重山)

2014年11月3日~5日 翅裏が緑色のシジミがいると聞いてはいるが、なかなか見れないらしい。今回は蝶の案内人にお願いして探しました。生息地はクチナシの林。メスはクチナシの花の実に卵を産み付け、幼虫はクチナシの実の中で育ちます。時期的は少し遅いようですが♀はまだ産卵を続けている個体がクチナシの木に居るらしい。少しクチナシの木を叩いて回りました。すると1頭飛び出しましたが高い枝に止まります。なかなか