ウスバシロチョウ

翅は半透明で白く、黒い斑紋がある。体毛は黄色く細かい。幼虫の食草はケシ科のムラサキケマン、エゾエンゴサク、ヤマエンゴサクなど。蛹時にマユを作るという数少ないチョウ。

ウスバシロチョウ

ウスバシロチョウ(長野県)

2019年5月25日 この時期になると長野県ではいたる所でフワフワ飛び回っているのを良く見かけました。飛び回っているとなかなか止まらないのですが、この時運よく吸蜜で止まってくれました。白馬の平川河川敷で上手く撮影できました。背景に少し白馬の残雪が写り込んでいるのがお分かりでしょ...
アゲハチョウ科

ウスバシロチョウ(7月)

2014年7月5日 長野県で7月にまだウスバシロチョウが元気に飛んでいました。スレやボロではなく新鮮個体です。少し黄色いのが♀で白いのが♂でしょうか。今年は春先に出会えなかったので遅ればせながら7月にも会えてよかったです。通常は4月末から5月にかけて見られま...
アゲハチョウ科

ウスバシロチョウ

兵庫県新温泉町にて。この日は気温も高くウスバシロチョウが大発生していました。滝巡りの途中でしたが夢中でウスバシロチョウを追いかけてました。花に止まりそうでなかなか止まらないチョウですね。しかし透けて見える薄い翅は魅力的ですね。この時期に林道や山手の国道を走っていると車の前を横切るウスバシロチョウをよく見かけますね。最初に見かけたのは静岡県の白糸の滝を見に行ったときに、滝見台の近くを飛んでいて初めて