ヒメギフチョウ

ヒメギフチョウ(交尾)

2019年5月3日 蝶を撮影していると稀に交尾の場面を見る事が出来ます。この日も空中で2頭のヒメギフが飛んで来たかと思うと次に2頭がぶつかってあっと言う間に交尾して木の枝に止まった。空中で飛行しながらの交尾を目の当たりにしたのです。しばらく…

ヒメギフチョウ(白馬)

2019年5月3日 今年のゴールデンウィークは10連休。私にとっては毎日日曜なんですが、この時期は顔見知りの皆さんにお会い出来るのが楽しくて今年も白馬に出掛けました。GW前半は雨や雪が降ったり、気温が低かったりと天候不順でしたが、後半の天気…

ヒメギフチョウ

2019年4月23日 今年初めての長野県白馬遠征です。昨年も同じ日に遠征していましたが昨年とは気候気温の状況が異なりました。天気予報とニラメッコの毎日でしたが22日〜23日の天気予報が最も最適だと思って出かけました。22日早朝に安曇野へ到着…

白馬遠征(ヒメギフチョウ)

2018年4月21日毎年のGW前後になると長野県白馬村を訪れます。春の白馬村はお気に入りのチョウのポイントが沢山あります。それに残雪の白馬連山と桜やカタクリが観れる癒しの風景がそこにあります。例年20日前後では桜やカタクリの花は少し早いのですが今年は違っていました。白馬についてまづ驚いたのは桜やコブシの花が至る所で満開になっていたことです。そして待望のカタクリもすでに満開です。そんな中で期待の

遠征長野県 その3

2017年5月4日 GW休暇です。晴天に恵まれて今日は撮影日和になりました。現地に到着すると車の前で早々にヒメギフがお迎えの飛翔。時間は未だ8時を過ぎたところですが、今日は早朝から日差しもあり気温も上昇。一気にヒメギフが数頭周回して飛んでいます。カメラを準備して間も無くカタクリに止まる個体がいました。

遠征長野県 その2

2017年4月30日 昨日の雷雨が通り過ぎ快晴の朝です。

白馬のヒメギフ/ギフチョウ2016

2016年4月30日 昨日は白馬に近づくにつれて雨が降り出しました。なんと白馬の上だけに雨雲が停滞しているんですよ。なんとういうことでしょうか!!そしてヒメギフとギフチョウの混成地では想像したようにカタクリは終わっていました。桜も残念そうに僅かに残っていました。今回もイエローバンド探しにやってきましたが、どうなることでしょうか。臨床にはヒトリシズカがひっそり咲いていました。

ヒメギフチョウ(新潟遠征)

2016年4月16日 午前中はギフチョウの山で遊びお昼頃にヒメギフチョウのポイントへやってきました。ちょうど桜が満開の所が多いようです。土筆の群生も見られました。気温も上昇。汗ばむくらいです。

ヒメギフ(早春の姫川)

2016年4月9日 先日よりヒメギフ発生の便りを見ながら、今年はいつもより早いこの時期に初めてのポイントへ出かけることにしました。早朝3時自宅出発、高速道路を北へ走ります。朝日に輝く日本海を左に見ながら姫川沿いに上流へ。周りの山々はまだまだ白く雪化粧していますが、すでに気温は15度に。天候は快晴。ポイントは初めての場所でよく分かりませんが、山間の杉林の近くで車からギフチョウの飛ぶのを目撃。高鳴る胸

ヒメギフチョウ(白馬①)

2015年5月5日~6日、9日~10日 今年の白馬遠征は2回を予定しました。天候は読み切れないので何方かが良ければと。1年ぶりのヒメギフとの再会。初日は曇り空からスタート。やや遅れ気味に日差しも強くなり気温も上昇。白馬に集まった蝶愛好家は多数。年に一度の再会で楽しい時間が蝶談義にあふれます。蝶も追いかけたいが話も楽しい。本当に久しぶりにお会いできた方も多数。やがてヒメギフが周りを飛び始めました。

ヒメギフチョウ(原村)

2014年5月8日 長野県遠征の最終日は諏訪の原村へ寄って帰りました。ヒメシロチョウを撮影後に同じくヒメシリーズのヒメギフも生息していました。このポイントはカタクリは無く、吸蜜源はもっぱら「タンポポ」でした。ネットで調べたポイントと全く同じ場所でした。車を乗り入れると目の前にヒメギフが飛ぶのが見えた。すぐに降りてタンポポで吸蜜するヒメギフチョウを撮影できた。車で周辺を流すと林の中を飛ぶヒメギフが何

ヒメギフチョウとギフチョウ(白馬村)

2014年5月7日 残雪が残る白馬連峰が真っ青な空にくっきり生える晴れた朝を迎えました。桜がちょうど満開を過ぎたころ桜吹雪が風に舞っていました。朝の気温はまだ10度と少し肌寒い感じですが日が差すと次第に暖かくなり杉の森に住む住人達も木立の上から舞い降りてきました。垂直降下でスーと地面に降りて翅を広げます。次から次へと、それはまるで落下傘部隊のようですね。この森の住人はヒメギフチョウとギフチョウの2

白馬のヒメギフチョウ 2012

白馬は2回目の訪問です。2回目となると勝手知ったる白馬のスポット。この年はジムニーを駈って白馬まで走りました。ホテルから見える白馬は早春の残雪が残る山並みが綺麗でした。ゴールデンウィーク明けの白馬では、静かな山麓でギフチョウとヒメギフチョウが混在する素晴らしいチョウのポイントがあります。今年はご覧のようにカタクリの花が少しピークを過ぎてしまった感じでヒメギフチョウも少し少なめに感じた年でした。

安曇野のヒメギフチョウ

安曇野にヒメギフチョウがいるのはネットのブログでよく拝見しますが場所が特定できません。烏川渓谷という場所も探してみましたが、ここは別の場所でした。安曇野のヒメギフは白馬のヒメギフと色合いが少し違うようです、より黄色みが多いように感じるのが安曇野のほうですね。また場所柄いろんな花に吸蜜するヒメギフの撮影が楽しいスポットでした。<2013.04.25 長野県安曇野市>