ギンイチモンジセセリ

ギンイチモンジセセリ 2016

2016年8月20日 猛暑日が続く関西ですが、今日は北海道や関東方面では大雨で大変な所もありニュースで報じられていました。台風が3つ(トリプル台風)で大荒れの日本列島です。夜明けからシルビアシジミを撮影し、10時にはギンイチモンジセセリのポイントにやってきました。発生地のススキは私の背丈を越える程になっていて探すのに苦労しそうです。しかし、そばの道沿いに1頭が飛ぶのをカーコさんが発見しました、急い

春のチョウ

2016年4月23日 北陸のギフチョウがひと段落。今週は見遅れた春のチョウを探しに出かけました。山間の渓谷にスギタニを探して出かけたのですが2週間前には沢山居たそうですが、どうにも見つかりません。もう終わってしまったのかもしれません。コツバメが居ました。

ギンイチモンジセセリ(春型)

2015年4月29日 春型のギンイチを見逃すわけにはいきません。しかしポイントの河原ではなかなか見つかりません。ウロウロ探し回ると足元から飛び出しました。しかし、これが飛び回ってなかなか止まりません。何度も見失いましたが、やっと止まってくれました。今日は2頭見たのでしたが写真はゆっくり撮らせてくれました。雄のだけですが。発生から少し時間がたっているようです。

ギンイチモンジセセリ(夏型)

2014年8月31日 今日で8月も終わります。大阪で今年の8月は猛暑日が一度もなかったとか? やはり気候が少し変ですね。今日は蝶友さんと兵庫県内で発生しているギンイチモンジセセリのポイントへご案内いただきました。昨年沢山居たポイントへ行ってみましたが、なんと台風11号の影響でしょうか、河川敷のススキ野原が土砂ですっぽり埋まっていました。これではギンイチも居ませんね。しかし下流のススキ野原へ移動する

ギンイチモンジセセリ(豊橋)

2014年4月22日 数日前よりギンイチが発生したと聞いていたので、今週は愛知県に出かける事にしました。数年前の夏に始めて長野県で見たギンイチですが、久しぶりの再会となりました。天候は生憎の曇り空ですが雨は免れたようです。ポイントへは8時過ぎに到着。河川敷の堤防を歩きはじめると小さな黒い影が飛び出しました。まだ気温も低く日差しもないので勢いよく飛び回る事はありません。後を追いながらじっくり撮れまし

ギンイチモンジセセリ

疎林・乾燥草原・河川敷・休耕田などを棲みかとし、前述の通り食草も幅広く、主要四島に分布しているが、なぜかどこも局所的であまり見られない。しかし地域間個体差が出るほど生息地が分断されているわけでもない。成虫は年2回発生し、春型は4~5月、夏型は7~8月に見られる。温暖地で年3回、寒冷地で年1回となる場合もある。越冬態は5齢幼虫。食草はイネ科のススキ、アブラススキ、エノコログサ、アイアシ、チガヤなど。