ヒメウラナミジャノメ

全国区の普通種

タテハチョウ科

ヒメウラナミジャノメ

2018年9月14日 うっとうしい秋雨前線が停滞しています。何とか今日はお昼過ぎまで雨が止みそうなので出かけてみました。目的はウラナミジャノメですが、ポイントにはヒメウラナミジャノメも沢山飛んでいて、その中からウラナミジャノメを探すことになります。必然とヒメウラナミジャノメも撮影することに。蛇の目模様の眼状紋が少しづつ違っている個体がいる様ですね。
タテハチョウ科

ヒメウラナミジャノメ

2018年5月19日 日陰を好んで飛び回るイメージですね。望遠レンズでボケ量も大きく出てファンタスティックな絵になりました。吸蜜するヒメウラナミジャノメを撮ることは少ないので面白い絵になったかなと思います。特にウツギの花での吸蜜写真は初めてですね。
イチモンジチョウ

北海道のチョウ

2014年6月27日~29日 蝶の撮影で北海道へ行くのは初めてです。以前は滝百選の撮影で2回訪れています。観光地はあまり行かなかったのですが層雲峡では「銀河流星の滝」を撮影できました。やはり滝は良いですね。
タテハチョウ科

ヒメウラナミジャノメ

幼虫は、イネ科のススキ、チヂミザサなどを食草とする。越冬態は幼虫。成虫は日本全国に分布、春から秋の中ごろまで見られる。ほとんどどこでも見られるが、都心部にはいない。また、あまり暗すぎる林も好まないようである。2013.09.10