タテハチョウ科

湯の丸高原での撮影です。この日の目的はヒメシロチョウでした。ミスジチョウの仲間であるが、本種は前翅に ...

タテハチョウ科

成虫は5-6月 (春型) と8-9月 (夏型) の年2回、北海道などの寒冷地では6-7月の年1回出現 ...

タテハチョウ科

東御市へオオルリを撮りに行ったのですが、すでに6月末では成虫は姿を消していました、残ったクララの花に ...

タテハチョウ科

この蝶を知ったのは愛知県の湿原でした。生息地は局所的に分断されている。長野県以西の本州中部、近畿(ま ...

タテハチョウ科

サカハチチョウは滝巡りの遊歩道なんかでよく出会う蝶ですね。タテハチョウの中では少し小型で飛び方も早い ...

タテハチョウ科

成虫は4月から11月まで長期間見られ、その間に1-4回発生する。低地や丘陵地の森林周辺に多く、郊外の ...

タテハチョウ科

オスは縄張りを張る性質があり、木の葉や岩石の上など見晴らしの良い場所で翅を広げて止まり、他のオスが接 ...

タテハチョウ科

日本では主にエノキを食樹とする。他地域の亜種はヤナギ属やカイノキ属の植物も食べる。年1回、初夏のみ発 ...

タテハチョウ科

近縁種にイチモンジチョウがあるが、前翅中室の白紋が顕著に表れること、逆に前翅外縁の白点は消えること、 ...

タテハチョウ科

成虫は平地の草原や庭・空き地や道端など身近なところで見られる。地域にもよるが、成虫は4月頃から11月 ...

タテハチョウ科

幼虫の食草はススキ、ジュズダマなどのイネ科単子葉植物。蛹は丸い垂蛹を形成する。越冬態は成虫である。日 ...

タテハチョウ科

この後翅裏側の模様で類似種のクモガタヒョウモン、ウラギンスジヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモン、 ...

タテハチョウ科

和名通りの石崖・石垣模様を持ち、ひらひらと紙切れが舞うように飛ぶ。クリやソバなどの花にも来るが、吸水 ...

タテハチョウ科

鶴見緑地公園です。幼虫は、コデマリ・ユキヤナギ・カエデ・シモツケなどを食草とする。とくにユキヤナギは ...