シジミチョウ科一覧

ルリシジミ♂

2018年5月26日 全国的に平地から山地まで広範囲に生息している一般的な蝶ですが、新鮮できれいな個体を見る事も少なく、あえて探しに出かける蝶でもありません。しかし♂の翅表は大変きれいな「ルリ色」薄水色をしているシジミチョウです。今日もミドリシジミを撮影していると周りでチラチラ飛んでいましたが、目の前で翅を広げるととても綺麗で撮影していました。

ミドリシジミ♀A型

2018年5月26日 今週末はすでに発生している情報が多いミドリシジミのポイントへ行ってきました。日差しは雲に覆われ直射日光が遮られた分、蝶の活動も少し鈍く撮影には良かったかも知れません。ミドリシジミはすでに♂♀とも発生していました。朝方は♀が目立って多く見られましたが、明るくなるにつれ♂も飛び出してきました。♀は斑紋の種類で4つの型があります。これはその中のA型と言われるものです。スレも無くきれ

ミドリシジミ♂

2018年5月26日 今日は少し走ってるミドリシジミのポイントへ出掛けました。何ヶ所かのポイントは見発生の情報もあり迷う所でしたが、過去から比較的発生が早いポイントへ行って見ました。天気予報は晴れですが朝日が出て来ず雲の中です。7時頃から下草を探すと♀ばかりがみつかりました。日が差しませんが明るくてなると翅を開き始めました。ハンノキを竿で少し叩くと♂も飛び出しました。直射日光が無い分、写真としては

ミヤマシジミ

2018年5月19日 ベニモンカラスシジミは午前中で撮影を終了してミヤマシジミのポイントへ移動しました。天気は快晴ですが風が強くなってきてミヤマしじみは下草にしがみ付いていましたが、少し風が収まると吸蜜に飛んできました。もう発生から期間が長いのか少しスレ気味でした。やはり今年は全ての蝶の発生が速まっているのでしょうか。

ベニモンカラスシジミ

2018年5月19日 昨年は5月28日に見ていますので今年は9日速いのでちょうど良い頃かと思いました。今年は全てが1週間以上速い発生が確認されている様なのでベニカラもこれ位かなと思う発想です。しかし天気予報が良くありません前日になって予報が朝6時まで雨で、それ以降は晴れになる予報でした。この予報を信じて前日は雨の中を北へ走りました。アルプスが見える場所に来ると雨も次第に上がり始めました。ポイントに

クロツバメシジミ

2018年5月6日 GWも最終日です。いつものクロツのポイントによって見ました。朝日が当たり気温が上がるとあちこちから飛び始めました。今年もGWの遠征が無事終了。名残惜しいですが渋滞に巻き込まれないように早めに白馬を後にしました。

オオルリシジミ(九州)

2018年4月29日 昨年から一度は行ってみたいと計画していました。いつもは安曇野のアルプス公園で飼育個体を撮影していました。しかし自然発生している南阿蘇のオオルリもいとどは撮影したい気持ちで一杯になり今年行くことにしました。前週には既に♂が発生した情報を得ていました。夜大阪を車で出発して愛媛県佐多岬まで走る。そこから国道九四フェリーで大分県佐賀関に渡り阿蘇まで走ります。

タイワンクロボシシジミ

2018年1月3日 シジミ蝶が少ない冬の時期ですが、タイワンクロボシはこの時期でもたくさん見かけることが出来ました。小さなシジミ蝶でチラチラと飛び回っています。生息範囲は広いようで何処ででも結構見かけることが出来ました。低温期型は翅裏のクロボシも薄くなっていて、♀は翅表には低温期型独特の白い斑紋が現れていました。

シロウラナミシジミ

2018年1月3日 2015年に西表島へ行ってシロウラナミシジミを初めて見ました。その時は石垣島では発生していなくて、西表島の北部にハナシュクシャが自生する場所でシロウラナミシジミが見られるポイントがありました。その時も2頭ほど目撃して撮影は1頭のみでした。しかし2017年の6月頃から石垣島の各地でこのシロウラナミシジミが発生し、食草のハナシュクシャではなくウコンやゲットウで発生したようです。そこ

ムラサキツバメ

2017年11月26日 今週は友人ポイントでムラサキツバメの集団越冬を探す事にしました。土曜日は天気も良く事前チェックに日曜日にご一緒頂く前に出掛けました。マテバシイの木もよく判別出来ない私ですが、いそうな雰囲気のする風の当たらない陽だまりを探してた歩き回りました。最初は全開しているムラシに出逢いました。

サツマシジミ

2017年11月3日 秋雨前線の停滞、2週間続けて台風の到来。行きたかったサツマシジミに行けなくて。しかし今週は最初から天気予報は曇りのち雨?なんて予報でしたが、前日から好天して予報は晴になりました。3週ぶりにお出かけしました。蝶友さんと現地で合流。8時を過ぎて里山に日が差すと気温も上がり出し、あちこちから白い蝶が飛び出してきました。朝日に輝いたサツマシジミは白い天使の様です。中には翅欠けもいます

ヤクシマルリシジミ

2017年10月7日 今日は蝶友さんに教えて頂いたヤクルリのポイントに一緒に出かけました。少し早いかもという事でしたが現地に8時前に到着すると、日当たりの良いセンダングサにはウラナミシジミに混じってヤクルリも数頭見つかりました。辺りを散策するとメスも見つかりました。この場所は出始めの時期の様で新鮮個体が多い様です。午後からが活動時間でテリ張りも見られましたが数がまだ少ない様です。オスの開翅はブルー

ミヤマ・クロツ

2017年9月30日 長野県まで来たので何時ものミヤマとクロツのポイントに寄ってみた。最近は少なかったミヤマが今年は沢山飛んでいた。ツメレンゲもニョキッと伸びて花が咲いていてクロツもミヤマも吸蜜。今までで一番数が多かったミヤマに驚きました。ツメレンゲの花が咲く頃が一番良いのかもしれませんね。