シロチョウ科

ヤマキチョウ

2017年8月19日 何となく天候が安定しない今日この頃です。今週も長野県方面へ車を走らせましたが中央道で通行止めの案内が早くも大阪から表示されて居ました。TVで報道された瑞浪〜恵那間で土砂が崩れて高速道路を塞いでしまいました。前夜の集中豪雨の後ですが大変な事故でした。瑞浪インターで降りて恵那まで下道を走る事に。今週はヤマキが見たくて出かけました。昨年は8月始め頃から見られたのですが今年は8月初め

ミヤマモンキチョウ

2017年7月15日 ミヤマシロチョウに続き高山チョウのミヤマモンキチョウです。もっとも標高が高い位置にあるとして有名な湿原にミヤマモンキチョウがいます。多様な高山植物が咲き乱れる湿原の一角に食草の「クロマメノキ」があります。その周りに沢山のモンキチョウ(普通種)と混じって準絶滅危惧種のミヤマモンキチョウが飛んでいました。普通のモンキチョウとよく似ていますが翅の周りのピンクの縁取りがなんとも可愛い

ミヤマシロチョウ

2017年7月15日 この三連休の湯の丸高原ではリフトが動いてました。ここでリフトに乗るのは初めてです。往復800円でリフトで楽チンで高原まで登りました。

クモマツマキチョウ(南)

2017年6月3日 先週は見事にクモツキは♀しか撮影できず。今週はゼフィルスに突入!の予定でしたが、西日本のゼフ発生が少し遅れているようです。アカシジミやウラナミアカがで始めたとのブログも散見されます。という事でゼフは一周遅らす事にしてクモツキ南アルプスへリベンジに急遽変更。当日朝のアルプスバスはなんと蝶愛好家のベテラン勢が勢揃いという事になりました。私は友人と待ち合わせのため2番目のバスで出発。

南アルプス

2017年5月27日 今年も南アルプス行きを計画しましたが情報がほとんどなく、空振り覚悟の遠征です。

オレンジの季節

2017年5月14日 ギフチョウの季節も終盤を迎える頃、何処からともなくイエローの初見情報が入って来ました。高山蝶「雲間褄黄蝶」。今週も土曜日は雨の予報ですが日曜日は晴れ予報。わずかな晴れ間に期待して出かけて見ました。翌朝は晴れ!。

昆虫館のチョウ

2017年3月25日 今週は気温が上がらず朝方は一桁の最低気温。兵庫県の飼育個体のギフチョウが羽化しているかと思い出かけてみました。しかし今年は昨年と違って全く羽化していなかった。こんな時は「そうだ!昆虫館へ行こう!」籠の鳥ならぬ温室のチョウです。蝶を追いかける目を慣らすためにも、少し撮影の練習が必要ですね。相変わらず構図が悪い!角度や光の方向を考えないといけませんね。しかし温室は32度湿度60%

春を求めて

2017年3月18日 春が近くなって来ました。ギフチョウの便りはまだ聞こえて来ませんが、コツバメやミヤマセセリが出たという声が多くなり始めました。大阪近郊では見る事が出来ないので、少し南の方へ走ってみました。里山では日差しが暖かく感じる時間になると一番に現れたのがテングチョウ。普段はシャッタを押す事がないチョウですが、この時期は大歓迎でシャッターを切りました。

台湾のチョウ③

2017年1月2日 今回初めての台湾と言うことで観光や食べ物も見逃せません。なので蝶探索は1日だけしか出来ませんでした。3日目は雨に降られてしまったので2日目の晴れの日だけ動物園を歩き回る事になりました。時期が時期だけに蝶は少ない感じがしました。午後からは動物園内にある昆虫館の放蝶園に入ってみました。日本の放蝶園でも一番多いのがオオゴマダラですが、ここでもそうでした。

台湾のチョウ②

2017年1月2日 正月を暖かい台湾で過ごせるのは贅沢ですね。気温は27度くらいで真夏の様です。しかし台湾の方は冬の服装でダウンを着ている人も多く見受けられます。雨の日や日没後は20度くらいまで下がりますが、それでもダウンは必要ない様に思います。私の場合は真夏の服がなかったのでホテル前にあるユニクロで一つ買い求めました。明陽百貨と言う台湾で言う百貨店がホテルの隣にありGUとユニクロ、ニトリ、百均の

ツマグロキチョウ 2016

2016年9月24日 里山は朝方20度を下回る気温になりました。秋型のツマグロキチョウを見に出かけました。ススキの穂が大きく銀色にたなびき、畑の畦道は赤い絨毯のような彼岸花。そんな風景が秋を色濃く写し出していました。

ヤマキチョウ

2016年9月3日 ヤマキチョウのポイントに寄ってみました。今日はマクロレンズで近づきました。8月初旬から現れて、もう一ヶ月が過ぎましたが、このヤマキチョウの翅は他の蝶の羽のような鱗粉では無いようですね。スレたり、傷ついたりする事がないように見えます。スポンジかプラスチック的な感じがする丈夫な感じの翅を持っています。鱗粉は有るのでしょうが他の蝶とは明らかに異なり十ヶ月の越冬明けでも綺麗な翅を維持で

ヤマキチョウ

2016年8月28日 週末のお出かけの初日は朝から雨でした。止みそうで止まない小雨が降り続き、雨が止み出したのは午後遅くでした。長野県をウロウロとドライブ。昨日は白樺湖周辺の宿に宿泊。昨晩はビール一本でバタンキュー!。10時間も寝ました。朝目が覚めると宿の出窓から青空が見えました。「やったー晴れたぞ!」朝食後は勢いよくキベリのポイントへ。しか〜し、キベリポイントは厚い霧に覆われ気温が16度と撃沈し

ヤマキチョウ

2016年8月6日 先週はスジボソヤマキを撮影しましたが、ヤマキチョウは今まで越冬個体しか撮影した事が無かったのでどうしても撮りたい蝶でした。いろいろ情報を集めていましたが、やっと見れる機会がやってきました。初めて見るヤマキチョウはかなり高速で飛び回っていましたが、時々吸蜜で花に止まります。また、吸蜜するとずっと花から離れない時もありました。こんな時は撮影の絶好のチャンスです。グッと近づいて撮影で