ヒオドシチョウ一覧

日本では主にエノキを食樹とする。他地域の亜種はヤナギ属やカイノキ属の植物も食べる。年1回、初夏のみ発生する。

ヒオドシチョウ(関西)

2014年6月5日 ヒオドシチョウの翅表はくすんだオレンジ色。和名「ヒオドシチョウ」の名は、戦国時代の武具「緋縅」から付けられた。翅裏はクジャクチョウやルリタテハと同じくクロっぽく木の皮の様な模様です。主な食草はエノキで初夏に発生して冬を越す越冬蝶です。この公園では沢山のヒオドシチョウが飛び回っていました。テングチョウもかなりの数が発生してハエのようでしたが。