サカハチチョウ

翅にある逆八の字が名前の由来。大方どこでもみられる種だが平野や住宅地、都会にはあまりいない。

アサギマダラ

高原のチョウ2018年

2018年7月14日〜16日 高原で暮らす蝶々。この週も長野県の各地の高原を訪れ沢山の蝶と出会えました。定番の高原の貴婦人! アサギマダラ
イチモンジチョウ

北海道のチョウ

2014年6月27日~29日 蝶の撮影で北海道へ行くのは初めてです。以前は滝百選の撮影で2回訪れています。観光地はあまり行かなかったのですが層雲峡では「銀河流星の滝」を撮影できました。やはり滝は良いですね。
サカハチチョウ

サカハチチョウ

サカハチチョウは滝巡りの遊歩道なんかでよく出会う蝶ですね。タテハチョウの中では少し小型で飛び方も早いほうです。食草はイラクサ科のコアカソ。卵は縦に3~4つほど積み重ねて産み付けられ、通常先端の卵から順に孵化する。花や樹液、獣糞、腐果などさまざまなものに集まる。山登りをしているとどこからともなくやってきて人の汗を吸う姿も見られる。