アゲハチョウ科

ギフチョウ2015

2015年4月12日 長野県飯田市。4月の初めに羽化するこの地域のギフチョウは「黒い」と言われています。初期に発生するわずかの個体に黒色が大部分を占める変異型が出ると言われています。まだ私も「まっ黒」に近い黒子型を見たことはありません。今年は4月初めから気温が上がらず休日の天候も良くなかったので、羽化初期の個体を見る事が出来ませんでした。しかし、今日は久しぶりの晴天でカメラマンの方も沢山来られてい

2015 ギフチョウ開幕戦

2015年3月28日 ギフチョウの開幕戦は何処が良いのかと悩んでいました。撮影は走り回って自由に撮影できてカタクリも沢山あって桜も良いなー!なんて考えると昨年の経験では2か所しかありません。何方も昨年は4月の第一週と第2週で、発生の翌週撮影となったので今年は発生初日辺りを狙ってフライング気味ですが出かけてみました。富山県の第一ポイントへ早朝に到着したが、なんと残雪がまだ残っていてカタクリもまだまだ

カラスアゲハ

2014年8月2日 少し翅はボロいけど、ラメの輝きはまだまだ健在でした。スパンコールのドレスを纏って舞踏会でダンスをしている光景を思い浮かべるような気分でした。アゲハチョウを撮るのは苦手なんです。いつも撮った後、見直すとシャッタースピード不足で被写体ぶれの翅は綺麗に写っていなかったのが殆どでした。今回はとっさに意識してSモードで1600、ISO800でシャッターを押すことが出来ました。105マクロ

ウスバシロチョウ(7月)

  2014年7月5日 長野県で7月にまだウスバシロチョウが元気に飛んでいました。スレやボロではなく新鮮個体です。少し黄色いのが♀で白いのが♂でしょうか。今年は春先に出会えなかったので遅ればせながら7月にも会えてよかったです。通常…

ミカドアゲハ(三重県)

2014年5月22日 オガタマノキを食草とし名前の冠にミカド(帝)を付けた高貴な蝶をイメージするのは誰しもそうでしょうか。生息地も伊勢神宮や他の神社に多い。今回も三重県の神社を二か所廻り、二か所目で沢山のミカドアゲハに出会った。スレ個体も結構いたので時期的には少し遅かったようですが、比較的綺麗な個体も撮影できました。この場所では柑橘類の花は無く、イボタノ花もない。周りの田畑の畦道に咲く草花に吸蜜し

ヒメギフチョウ(原村)

2014年5月8日 長野県遠征の最終日は諏訪の原村へ寄って帰りました。ヒメシロチョウを撮影後に同じくヒメシリーズのヒメギフも生息していました。このポイントはカタクリは無く、吸蜜源はもっぱら「タンポポ」でした。ネットで調べたポイントと全く同じ場所でした。車を乗り入れると目の前にヒメギフが飛ぶのが見えた。すぐに降りてタンポポで吸蜜するヒメギフチョウを撮影できた。車で周辺を流すと林の中を飛ぶヒメギフが何

ヒメギフチョウとギフチョウ(白馬村)

2014年5月7日 残雪が残る白馬連峰が真っ青な空にくっきり生える晴れた朝を迎えました。桜がちょうど満開を過ぎたころ桜吹雪が風に舞っていました。朝の気温はまだ10度と少し肌寒い感じですが日が差すと次第に暖かくなり杉の森に住む住人達も木立の上から舞い降りてきました。垂直降下でスーと地面に降りて翅を広げます。次から次へと、それはまるで落下傘部隊のようですね。この森の住人はヒメギフチョウとギフチョウの2

アオスジアゲハ

2014年4月30日 今年初めてのアオスジアゲハです。この蝶は撮りたいと思って追いかけても全く撮れません。吸密している個体が居れば逆に簡単に撮れますね。ということは撮りたい時には撮れないので撮れる時に撮っておく!というのが私のアオスジアゲハ撮影です。この日も足下のアカメツメクサで吸密している個体を発見して旨く撮れました。周りにクスノキは見当たりませんがアオスジアゲハは結構移動距離は広範囲に広がるよ

ホソオチョウ(京都府産)

2014年4月30日 今週の休日は最悪の天候となってしましました。当初の予定でホテルを予約していたので前日の早朝出発しましたが北上するにつれて雨が断続的に降ったり止んだりの状況。天候だけはどうしようもなくお手上げです。予定通りチャマの下見。ヒメギフの下見を終えましたが現地確認のみでチョウは1頭も見かけません。こんな日は早々にチェックインして温泉でのんびりと言うことになりました。翌朝も雨は止まづ、帰

飯田のギフチョウPart2

2014年4月16日 今週は富山県のギフチョウを訪ねましたが、先週の飯田のギフチョウは発生したばかりの時期で1週間経つとどうなっているのか気になりました。一泊して飯田にも立ち寄る事にしました。先週は花が少ない時期で、山桜はほぼ満開でしたがつつじが僅かに咲くのみ。それ以外も花の少ない場所なんですが。今週はツツジが全て咲いていました。ツツジにギフチョウはワンチャンスでしたが絵にならずでした。ギフチョウ

越中八尾のギフチョウ

2014年4月13日 今週はまだ行ったことの無い越中のギフチョウを探しに出かけました。大阪の八尾市(やおし)を出発し一路富山県は八尾町(やつおまち)を目指します。地名の文字は同じですが読みが違う町へギフチョウ探しです。

飯田の黒いギフチョウ

2014年4月9日 昨日は早朝から新潟県まで走って越後のギフチョウを撮って来ました。その足で長野県まで戻って駒ケ根で一泊。今朝から残雪のアルプスを眺めながら満開の桜もきれいで大草城址公園で花見をしてしまいました。そして一路飯田の黒いギフチョウのポイントへやって来ました。昨年に続き2回目です。先客が3人ほどいました。その内のお一人は昨年、白馬でお会いした方でした。飯田のギフは昨日から出始めたようです

越後のギフチョウ

2014年4月8日 新潟県のギフチョウはまだ見た事がありませんでした。先日、蝶の友人からメールをいただき、上越のポイントでもギフチョウがたくさん舞い始めたと言う案内でした。早々に計画を立て天気が良かれば出かけることにしました。天気予報は晴れ。最高気温16度。上越のポイントまで530km。6~7時間のドライブです。3時に出発したのですが、途中で中央道ジャンクションを見過ごして通過(-_-;)。豊田ジ

ギフチョウ(岐阜県)

2014年4月2日 今週はギフチョウの新天地を探しに出かけました。「瀬戸内カット」と言うギフチョウをネットで見つけました。サンヨウカンアオイを食草とする翅模様に異常があるギフチョウで、広島県の産地で見られる!!よーし、探して見ましょうと思い立って広島へGO。天候よ~し!気温よ~し!・・・しかしギフチョウ「居ない!?」ノックアウトでしたね(-_-;)。ではでは、今週は手ぶらでは申し訳ないので確実な場