アゲハチョウ科一覧

2017 ギフチョウ開幕

2017年4月2日 これまでのギフチョウを撮影した場所は岐阜県、福井県、富山県、新潟県、長野県、愛知県、静岡県、鳥取県、兵庫県です。なぜか石川県がありませんでした。という事で2017年のギフチョウ開幕戦は石川県にしました。初めてのポイントは難しいですね。それにまして今週末の天気の読みは外れてしまいました。金曜日に出陣するも気温が低く日が差さない曇り空で、初日はポイントの下見程度。土曜日の予報は「晴

ミカドアゲハ集団吸水

2016年5月12日 アサヒナキマダラセセリを探索中に小川の吸水ポイントへ行くと、何と、もの凄い数のミカドアゲハが吸水に来ていました。今年は特にミカドアゲハの当たり年らしく非常に数が多く、熊谷氏も久しぶりに見る光景とか。逆にアオスジアゲハが少ないそうです。

白馬のヒメギフ/ギフチョウ2016

2016年4月30日 昨日は白馬に近づくにつれて雨が降り出しました。なんと白馬の上だけに雨雲が停滞しているんですよ。なんとういうことでしょうか!!そしてヒメギフとギフチョウの混成地では想像したようにカタクリは終わっていました。桜も残念そうに僅かに残っていました。今回もイエローバンド探しにやってきましたが、どうなることでしょうか。臨床にはヒトリシズカがひっそり咲いていました。

ギフチョウ(新潟遠征)

2016年4月16日 またまた新潟遠征です。今年は新潟多いですね!なんて言われそうですが、いろいろ新しいポイントを教えて頂き喜び勇んで走っていきます。大阪から往復1000kmのロングドライブは結構楽しいものですよ。片道6時間ぐらいかかります。今日は新しいギフチョウのポイントですが、前回に比べると発生時期が少し遅くて今が見頃のようです。小高い山をハイキング程度に登り始めると沢山のカタクリの花が出迎え

飯田市のギフチョウ

2016年4月10日 昨日は白馬のペンションで一泊。今日は少し雲の多い空模様ですが、気温は高いようです。早めに朝食を済ませ中央道を南下。飯田のギフチョウに寄ってみた。桜も終盤で山にはツツジも咲き、昨年と同様の季節です。すでにギフチョウも飛んでいるだろうと期待して現地に到着。なんと先客の車がずらり!。毎年お会いする方も。しかし何故か暗い表情。今年は何故か非常に少ない発生状況のようです。すでにお昼近く

ヒメギフ(早春の姫川)

2016年4月9日 先日よりヒメギフ発生の便りを見ながら、今年はいつもより早いこの時期に初めてのポイントへ出かけることにしました。早朝3時自宅出発、高速道路を北へ走ります。朝日に輝く日本海を左に見ながら姫川沿いに上流へ。周りの山々はまだまだ白く雪化粧していますが、すでに気温は15度に。天候は快晴。ポイントは初めての場所でよく分かりませんが、山間の杉林の近くで車からギフチョウの飛ぶのを目撃。高鳴る胸

北陸のギフチョウ

2016年4月2日 桜前線が一気に北へ駆け上がりました。今週が見頃の桜の季節。同じく低山のギフチョウもピークを迎えているようです。早朝に南越前で友人と待ち合わせカタクリに吸蜜するギフチョウを狙いました。既に半数はスレが見られるものの楽しい撮影ができました。少し日差しが切れ始めたので富山へ移動する事にしました。

ギフチョウ2016

2016年3月26日 今年もギフチョウのシーズンが始まりました。先週は早くも静岡県のギフチョウがアセビに吸蜜する写真でブログを賑わしておりました。昨年の新潟遠征は28日でしたが、今年は曜日の関係で26日と二日も早く出かける事になりました。新潟まで早くても6時間走ります。その前に富山のポイントも寄ってみました。昨年は残雪が多かった富山ですが、今年は残雪もなくカタクリもたくさん蕾を付けていましたが、も

ミカドアゲハ

2015年11月5日 カラスザンショウの木には沢山の蝶が集まってきます。その数は数え切れないほどで種類も多く私たちを楽しませてくれました。アオスジアゲハも多いのですが同じように見えるミカドアゲハも今回は多く飛び交っていました。また、石垣島では黄色いミカドアゲハも見ることができました。数は少ないですが、明らかに全体が黄色っぽいミカドアゲハですが、少しスレ個体が多いようです。石垣島のカラスザンショウの

ハイブリッド(白馬③)

2015年5月10日 白馬遠征も今日が最後。撮影時間も正午前となりました。昨日は雨が降ったので今日は朝から天気も良く期待が持てますが気温は低め。イエローバンドを探して右往左往していましたが、カーコさんがブルーのショッピングバッグをトラップ代わりに何時ものイエローバンド出現場所にしかけました。効き目は抜群!ギフチョウはその周りをクルクル回ってブルーのショッピングバックに止まります。2度目に止まったギ

ギフチョウ・YB(白馬②)

2015年5月5日~6日、9日~10日 この時期の白馬遠征の目的の一つは、なんといってもYB(ギフチョウ・イエローバンド)が見たいのです。一昨年は空振りに終わりましたので、今年は何とか出会いたいと言う思いで、皆さんも目的は同じようでした。YBを撮影したことがある方は、前回撮影した場所で待って居ます。私たちも一昨年撮影できた場所で、同じ時間帯で待つことにしました。次第にギフチョウが多く飛び始めます。

ヒメギフチョウ(白馬①)

2015年5月5日~6日、9日~10日 今年の白馬遠征は2回を予定しました。天候は読み切れないので何方かが良ければと。1年ぶりのヒメギフとの再会。初日は曇り空からスタート。やや遅れ気味に日差しも強くなり気温も上昇。白馬に集まった蝶愛好家は多数。年に一度の再会で楽しい時間が蝶談義にあふれます。蝶も追いかけたいが話も楽しい。本当に久しぶりにお会いできた方も多数。やがてヒメギフが周りを飛び始めました。