オオミスジ

本州では青森県より岐阜・滋賀県境の伊吹(いぶき)山地にかけてやや広く分布する。外国では朝鮮半島、中国に分布し、アジア東部の特産種である。

オオミスジ

オオミスジ(乗鞍)

2019年7月13日 乗鞍高原では数多く見られるオオミスジです。食樹のスモモの木が多く、その周りでは沢山のオオミスジが飛び交うのが見られます。この日は日差しがなく葉の上で静止する個体が多く見られました。しかし敏感でスグに飛び出してしまいますが遠くには行かず周りを飛び回ります。天気が良ければ日中には花に吸蜜に来ます。生息地は
オオミスジ

オオミスジ(乗鞍)

2017年7月17日 「乗鞍高原ペンション・ポエティカル」は私たちがよく利用させていただく人気の宿です。にごり湯の源泉掛け流しの温泉と美味しい料理が自慢の宿です。宿の前にはスモモの木があって、いつもオオミスジが飛び交っています。乗鞍高原全体にもスモモの木は沢山あります。今日もペンションの玄関でオオミスジが花壇お花に
オオミスジ

オオミスジ(乗鞍高原)

7月17日。始めてみるチョウでした。最初はミスジチョウかと思ってましたが、しかし大きい!それにスモモの木の周りばかりに沢山飛んでいる。よく調べるとオオミスジですね。乗鞍高原には自生しているスモモの木が沢山あります。撮影したのもペンションの庭先の大きなスモモの木です。ミスジやオオイチモンジも同じ仲間でヒラヒラ飛びながら滑空する飛び方が混ざり合う。スモモの木の下では3頭が固まっていたが?なんだかよく判