ホシミスジ

本州~九州、台湾、朝鮮、中国などに分布するが、北海道にはいない。

ホシミスジ

ホシミスジ(乗鞍)

2019年7月13日 ミスジはコミスジ、ホシミスジ、ミスジ、オオミスジ、シロミスジ、リュウキュウミスジと5種。ホシミスジは本州全域に生息しますが撮影機会はあまりなかった様です。と言うより私の中ではあまり撮る気がない蝶に部類するからでしょうか。大阪周辺でもユキヤナギが植栽された公園で見かけることがあります。私の前回の記録は大
タテハチョウ科

ホシミスジ

鶴見緑地公園です。幼虫は、コデマリ・ユキヤナギ・カエデ・シモツケなどを食草とする。とくにユキヤナギは市街地や住宅地に多いため、本種が発生することも多い。山地発生の個体は大きさが平地型と違う。本種は最前列の白斑が不連続、かつ後翅裏の付け根に黒点が現れる(標準和名「ホシミスジ」の由来)。このため近縁種コミスジやミスジチョウとの区別はたやすい。