クモマツマキチョウ

クモマツマキチョウ(北アルプス)

2019年5月24日 高山蝶のクモマツマキチョウは長野県北アルプスです。この蝶は絶滅危惧種で採集は禁止です。撮影地は標高1350mの高地ですが、この日は天候も良く暑い1日になりました。しかし風が少し強く蝶が飛ぶには少し強過ぎる環境でした。し…

クモマツマキチョウ(南)

2018年5月12日 今日も高山蝶のクモマツマキチョウ狙いで標高1500m〜1800mを攻めました。今回のポイントは初めてのポイントでしたが、有り難いことに沢山の蝶友さんに助けられ楽しく撮影する事が出来ました。有難うございました。天候もまずまずでとても気持ちが良いポイントでした。

クモマツマキチョウ(北)

2018年5月5日 こどもの日。友人とクモツキのポイントで待ち合わせ。久しぶりに会う友人と撮影できるので楽しみです。しかし今朝も少し気温低めでクモツキが飛ぶのか少し不安。雲が少なく日差しがあるので期待大です。ハタザオの食草があるポイントで2時間近く待ちましたが、全く飛ぶ気配無し。別のポイントへ移動すると、そこでは顔なじみのカメラマンの方がクモツキを見つけて撮影を始めたばかりでした。運良くクモツキが

クモマツマキチョウ(北)

2018年5月3日 今日からGWの4連休です。しかし、残念ながら天候は最悪。出かける時間には大阪はまだ雨が降っていましたが長野県に来る頃には雨が上がって来ました。しかし気温も低くどんよりの空ではテンションダダ下がり。お昼過ぎには少し晴れ間もちらり。そんな中、クモツキのポイントへやって来ました。まずは1200m付近で少し待って見ましたが全く飛び出す気配がない。少し標高を上げて1500m付近の定番の場

クモマツマキチョウ(南)

2017年6月3日 先週は見事にクモツキは♀しか撮影できず。今週はゼフィルスに突入!の予定でしたが、西日本のゼフ発生が少し遅れているようです。アカシジミやウラナミアカがで始めたとのブログも散見されます。という事でゼフは一周遅らす事にしてクモツキ南アルプスへリベンジに急遽変更。当日朝のアルプスバスはなんと蝶愛好家のベテラン勢が勢揃いという事になりました。私は友人と待ち合わせのため2番目のバスで出発。

南アルプス

2017年5月27日 今年も南アルプス行きを計画しましたが情報がほとんどなく、空振り覚悟の遠征です。

クモマツマキチョウ(南)

2016年5月21日 八重山の掲載は少し休憩して今週は南アルプスへ出かけました。クモツキが発生している情報も入っていました。しかし同行の約束は誰もいません。初めてのポイントで不安な出発となりました。しかし現地に着くと顔なじみのKさんとMさんが居てホッと一安心しました。聞くともう一便早いバスで知り合いのカメラマン数人が出発した様です。私達は8:05発のバスで出発しました。

雲間褄黄蝶 2016

2016年5月7日〜8日 先週は白馬のギフチョウ、ヒメギフチョウは既に終わっていた。残雪も少なく暖かい日が続き、あっという間に春が通り過ぎたようです。そして次に来る蝶はと言えば「雲間褄黄蝶」クモツキですね。先週は早々とメスを撮影、オスも目撃。となれば必然と今週はアルプスのクモツキです。

白馬2016(最終日のサプライズ)

2016年5月1日 昨日からポイントを変えてギフチョウに挑戦です。昨晩は大雨が降って朝には上がる予定が10時前までずれ込むという又々不運が!誰か雨男がいるのでは!「団長!」。。。今朝は大阪からma23さんも来られて皆んなで空を見上げて雨上がりを待ちます。やがて雲の間からお日様が顔を出すと杉の木の上が賑やかになりだしました。杉の木の上でギフチョウが出たり入ったりバタバタし出しました。やがて1頭が降下

雲間褄黄蝶

2015年5月16日~17日 標高1000m以上の高山に生息する、まさに雲の上の蝶です。鮮やかなオレンジの前翅は一際鮮やかで私の心を虜にします。昨年は5月18日だったことを考えると少し早いかも。登山道にはまだまだ大量の残雪があり入山禁止の看板が有りました。昨年とは環境が違う。上のポイントではハタザオもまだ見受けられない。それよりも、何よりも早朝からの雨が上らない。天気予報では数時間雨上がりの時間が

クモマツマキチョウ(北)

2015年5月17日 悪天候の先日に北アルプスにやって来たのですが、昨日は何とか一頭が私たちと遊んでくれました。今日は晴天の日曜日です。昨日のポイントへやってくると、すでに友人たちは昨日の個体と遊んでいました。♀雌は見当たりません。しばらくは同一個体でしたが遊びました。

クモマツマキチョウ(北)

2014年5月18日 チョウ友からFBでクモツキの撮影情報が入った。「今年は早いよ!もう出てますよ~!」と写真を見せられたらたまりません。急遽、休日変更で日帰り遠征の決行です。天気は上々!快晴です。現地に8時半到着。気温11度。紹介されたスポットはまだ時間が早いようなので昨年のポイントへ。ここもスミレが全くなく、まだかな~と帰ろうとしたときに河原から飛んできたのはクモツキの♂。目の前に止まったので

クモマツマキチョウ(北)

2013年6月5日高山蝶で希少種のクモマツマキチョウは図鑑やブログで見た事がありす。昨今のブログでは5月初旬よりクモツキ(省略形)の撮影情報がアップされだしました。GW明けには私たちは白馬でイエローバンドを追いかけていました。そして次はクモツキを!と決意。生息ポイント情報も皆様方よりご提供いただき、あとは出陣の日を待つのみでした。高速道路の集中工事終わった5月末に長野県遠征。生息地ポイント