ルリウラナミシジミ

♂の表面が南米のモルフォチョウやゼフィルスのごとく輝く南国的な蝶です。おそらく日本産では最も強く輝く蝶でしょう。沖縄以南には定着し、九州でも毎年迷蝶として観察。

シジミチョウ科

ルリウラナミシジミ(八重山)

2014年11月3日~5日 瑠璃色(るりいろ)は、やや紫みを帯びた鮮やかな青。マリンブルーの翅表を持つルリウラナミシジミ。いつかは、どこかで開翅するかも?と今年も期待しました。ましてや今年はいたる所でルリウラナミシジミが見られ、発生個体数も多いようです。これはチャンスかもしれません。飛び回るときの鮮やかなブルーをジックリ見たい、撮りたいと願っていました。後翅をスリ
シジミチョウ科

ルリウラナミシジミ(石垣島)

2013/11/6 何か所かで見かけるシジミチョウで濃紺の翅表がチラチラ見えるチョウが飛び交っていましたが、なかなかじっと止まらないので撮れませんでした。最終日にバンナ公園のオオゴマダラの飼育ハウス裏で何とか撮れました。図鑑で見るとルリウラナミシジミでした。この2枚は別個体ですが、一枚目の個体は右翅が不完全羽化のようですが、翅の隙間から濃いブルーの翅表が見えます。飛ぶとすごく綺麗なブルーでした。開